脳ドックの基礎知識|健康を保つため脳ドックを受けよう!病気を予防する情報満載
health.com

脳ドックに行くべき人とは?基本情報を確認しましょう

リスクが高いかも?

脳の疾患は発症するリスクが高い方もいらっしゃいます。どんな方であっても脳の病気になってしまうリスクはあるものですが、こちらでは特に脳ドックを受けておきたい人について触れていきます。

脳ドックを受けるべき人BEST3

no.1

頭痛でお悩みの方

脳ドックを受診するべき人として挙げられるのが、頭痛などの症状に悩まされている方となります。脳の病気では頭痛を伴う事が多くありますから、直接的な症状として注意するべきなのです。原因不明の頭痛にお悩みの方は、脳ドックを受けるようにしましょう。

no.2

血圧の高い方

人間ドックなどの定期検診を受けると、血圧などを測定する事となります。その際に血圧の結果が高かった方は、脳ドックを受ける事をおススメします。また血液検査でコレステロールの値が高かった方も、脳の病気になるリスクが高いと言えます。

no.3

家族に脳卒中の患者がいる

ご家族の中に脳卒中を発症した方がいる場合には、脳ドックを受ける事をおススメします。脳梗塞は遺伝する事も多い脳の疾患となっていますから、家族の方に脳梗塞の方がいらっしゃる場合、リスクが伴うと言えるのです。

脳ドックの基礎知識

ドクター

脳の病気を見つけるために

病気には早期発見が重要となってくるものですから、定期的に検診を受ける事が重要となってきます。人間ドックを定期的に受ける方も多いかと思いますが、人間ドックでは全ての病気を見つける事ができるものでは無いのです。特に脳の病気を発症すると、重篤な症状に陥る可能性が高いものです。したがって京都の病院で脳ドックを受診される事をおススメします。

死亡率が高い

脳の疾患として挙げられるのが、脳梗塞や脳出血があるでしょう。これらの病気を発症してしまうと、死亡してしまう確率が非常に高いと言えます。そのため早期発見・治療を行う事が重要となってくるのです。脳の病気は特に、発症してしまう前段階で発見する事が重要だと言えます。

検査の内容

京都の病院で行われる具体的な脳ドックの内容となるのが、MRI検査で脳の内部を画像により確認していくというものとなります。それと同時に血液や心臓の状態を検査し、異常が発生していないかを判断する事となるでしょう。これらの検査を行う事によって、初期症状がみられない脳の病気を発見する事も可能となるのです。